dragonfly custom guitars / HARRY'S ENGINEERING

menu
dragonfly guitar HI TEE

HI TEE(ハイ ティー)はTEスタイルシェイプにボディコンターカットを採用し、PICK UPやコントロールのレイアウトはオーダーに応じてピックアップは2H/SSH/HSH/3Sが選択やブリッジはシンクロナイズドトレモロなどの仕様も選べ多彩なサウンドメイキングと柔軟演奏性を実現できます。

666スケールは通常のロングスケール(648mm)から18mm延長し、この弦長によりチューニングを下げても弦の張力が保たれ重低音に「張り」が出るとともにチューニングが安定し、ゲージ0.10~0.46でローBまでチューニングを下げる事もでき通常の6弦ギターとほぼ変わらずに演奏が可能です。ミディアムスケール(628mm)とロングスケールとの差よりは短く、ロングスケール(648mm)に慣れたプレイヤーなら慣れるのも容易い長さと超ロングスケールからくる、オールレンジサウンドは中高域に艶をもたらし重低音アンプを使用せずとも低域もしっかりと支えてくれます。

全モデルに共通するスペックはオリジナルのハイ・ローパスフィルターを搭載していることです。(Hiカット・Loカット)通常のトーンコントロールは高域をカットしていくのみになりますが当社のコントロールは一つのコントロールにおいて高域カット/低域カットを行えます。現代のギターサウンドにおいては低域のコントロールをいかに行うかが重要だと考えています。

フレットはクライオ処理を施したステンレス製のHYBRID-2#214を標準採用。硬度が高く耐摩耗性に優れていますので弦摩擦での音程やピッチ感などの不安定さのども解消し安定したコンディションを長く保つ事によりストレスなく演奏が持続できます。

LINE UP & LINKS